自分でも調べて置く事

塗装にもランクがある

塗装

千葉で外壁塗装を検討される際には、ご自身で一度外壁の壁を手で触って診て下さい。もし、その手に白く塗装がついていた場合には塗膜の劣化が進行していますので早目の外壁塗装工事が必要です。また、外壁の下の基礎部分やモルタル壁等に小さいひび割れが発生していた場合には、その部分から雨水が侵入し壁内の木材等を腐らせたり、鉄筋をサビさせて膨張しひび割れが多きくなり、壁のモルタルの剥落がおきてしまします。そして、壁の塗装をする場合には塗料の成分によって5年から15年で塗り替える様な耐久性の開きがありますので、千葉の業者からの見積書が安い場合にはどの程度のランクの塗装なのかを、良く聞いて理解してから決める様にしないと後で後悔するかも知れません。

信頼できる業者へ依頼する

外壁塗装は一度塗り替えると見た目には綺麗になりますが、手抜き工事が一番多く発生しています。千葉でも見積書に記載されていた塗料剤と違う材料が使われていたり、下塗り・中塗り・仕上げといった様に3回塗らないで高圧の洗浄をしてから直ぐに仕上げの塗料を塗って行く業者もいますので、施工途中は必ず自分の目で確認することが必要です。また、千葉でも訪問販売等で来る業者は殆どが自社で工事を実際にしないで下請け業者への丸投げをしている会社が多く存在しますので、特に注意が必要です。そして、依頼する前の訪問時に外壁塗装見積書が提出された場合にも同じ事が言えます、まだ、家の詳細を間近で見ていないのに見積書が出てくること自体が変だなと思われると思います。